STATEMENT/CV


-STATEMENT-
2018 年より、『充実した孤独感』という言葉をテーマとした版画作品の制作を続けている。 
これは独りきりでいるにも関わらず心身ともに満たされている状態を意味しており、作品の制作/鑑賞といった、美術に関わりを持つことが「自分を孤独にする行為」だとする私の主観に基づいている。

孤独という言葉は、通常自分が 1 人である寂しさを感じるネガティブなものとして捉えられる。しかし、実際はその時の自分の状態によって孤独にも様々な違いが生じる。例えば、 自分以外の人間がいる、または会話ができる環境だとしても、すれ違いによる虚しさや寂しさから心を病んでしまう人がいる一方で、自分しかいないただ 1人の環境でも独自の世界を持ちそこに満足感を得ながら過ごすことができる人もいるからだ。
何者にも惑わされず自 分自身の思考や存在だけに集中できる孤独な時間こそ、日々の生活を最も満ち足りたものにしてくれるのではないだろうか。

この考えのもとに制作された一連の作品では、日常風景の中を黙々と旅する犬の群れが描かれている。ぼやけた背景は、考え事を始めて視覚が曖昧になり周囲の音が徐々に聞こえなくなっていく様子を、その中を群れをなして動き回る非日常的な黒い犬のシルエットは、そこに自分だけの時間が流れ出していることを表している。

人が自分の世界に入り込む導入部分を描いたこの作品が、私自身を含めた、無自覚のうちに言葉の影響を受けやすく、日常生活で孤独を憂鬱に感じている人のために存在してほしい。


The theme is “Fulfilling Loneliness”.
 I have been creating artworks (mezzotint) about this theme since 2018.
“Fulfilling Loneliness” means you are fulfilled physically and mentally, even though you are lonely.
This is based on my thinking that  art gets you out of this real world.
The majority of people feel that “Loneliness” is negative. But it dependa on the situation: I thought there are a lot of kinds of “Loneliness”.
The time nobody disturbs your world makes you feel emotionally satisfied.
 
My artworks consist of 2 things. The unclear landscape means the beginning of your thinking and the group of dogs represents your personal time. In other words, my artworks express an overture to your world.

I want my artworks to exist for the people who feel melancholy about “Loneliness” and worry about how other people think of them.

-CV-
2019 広島市立大学芸術学部美術学科油絵専攻 卒業
2021 広島市立大学大学院芸術学研究科造形芸術専攻絵画研究油絵 修了

《入選/展覧会等》
2018 
・第17回南島原市セミナリヨ現代版画展 入選、同巡回展(長崎県美術館/長崎)
・641諏訪敦研究室 特別講義「篠田教夫鉛筆画の臨界点」成果展(グループ展/東邦アート/東京)
2019 
・第7回 Guanlan International Print Biennial 入選/買い上げ、同展覧会 
(China Printmaking Museum/中国)
・第5回 International Mezzotint Festival 賞候補、同展覧会
(Ekaterinburg Museum of Fine Arts/ロシア)
・2019 Mostra Internacional de Maneira Negra – International Mezzotint Exhibition Campinas, Brazil 入選、同展覧会  (Arts Institute of university of Campinas/ブラジル)
2020
・''-Chris and Zora’s new mezzotint friends- #2 WONDERING MIND ''
(グループ展/gallery Epreuve d'artiste in Antwerpen/ベルギー、スロバキアその他)
・ANMico 畠中彩・松尾奈保・岡本実佳枝 (グループ展/東邦アート/東京)
2021
・第24回 広島市立大学芸術学部 卒業・修了作品展示 修了制作優秀・買上賞 受賞 (広島)
・START ART "PRINT" 
(グループ展/渋谷スクランブルスクエア/東京)

《パブリックコレクション》
China Printmaking Museum (中国)
Ekaterinburg Museum of Fine Arts (ロシア)
Arts Institute of university of Campinas (ブラジル)
広島市立大学(日本)

《その他》
2019−2020
・広島市立大学版画工房TA
・神山財団芸術支援プログラム 奨学第6期生

Aya Hatanaka 
Born 1994

【Education】
2019-2021 
MA Arts, Hiroshima City University, Japan
2015-2019
BA Arts(oil painting), Hiroshima City University, Japan

【Selected and group exhibition】
2018
•17th Seminario Print Exhibition, Nagasaki, Japan
2019 
•7th Guanlan International Print Biennial, China
•5th IMF, Ekaterinburg, Russia 
(Shortlisted for Prize for Originality and for Breaking Classical Boundaries)
•Mostra International Mezzotint Exhibition, Campinas, Brazil
2020
•“60x60 wandering mind project “ EA gallery ,Belgium.
2021
•Hiroshima City University Faculty of Art Graduation Works
Outstanding performance award, Purchase award ,Hiroshima
・START ART "PRINT" 
SHIBYA SCRAMBLE SQUARE, Tokyo


【Publique Collection】
・China Printmaking Museum (China)
・Ekaterinburg Museum of Fine Arts (Russia)
・Arts Institute of university of Campinas (Brazil)
•Hiroshima City University (Japan)

【Information】
2019-2020
・The 6th Annual Scholarship Student, KAMIYAMA FOUNDATION Artist Sponsorship Program
・Teaching Assistant (Print studio of Hiroshima City University)

Live and work in Japan